伝統技法について / About WAGAMI

墨流し

wagami_suminagashi_01.jpg

墨流しは日本古来の伝統芸術で、千年以上もの歴史を持ちます。
その起源は、川の水面に墨をおとし、流れによってうまれる模様の変容を楽しんだ、9世紀頃の宮廷遊びといわれています。

KAMISMでは、水を張った容器に墨を落とし、細い竹で水面を動かし、扇子や息で優しく風をおこします。
複雑な模様へと変化した水面に、上から和紙をそっとかぶせ、墨の流れを写し取れば完成です。


wagami_suminagashi_02.jpg

墨流しの模様は、落とした墨の位置や流し方、風の送り方などの微妙な加減で、偶然に作り出されます。
それゆえ、二度と同じ模様が現れることのない、この世にたった1枚だけの柄が生まれるのです。


その他の伝統技法について

箔のサムネイル画像

紙面に薄い膠液を引き、濡れているうちに箔を加工した砂子や切箔、野毛などを振り蒔...

墨流しのサムネイル画像

墨流しは日本古来の伝統芸術で、千年以上もの歴史を持ちます。その起源は、川の水面...

刷毛のサムネイル画像

素材感ある和紙をベースに、サイズや形状などさまざまな刷毛を用いて、柄を描きます。...


櫛引きのサムネイル画像

左官の技法である櫛引きは、漆喰に櫛を当て、かき取ることで模様をつける土壁装飾で...

染めのサムネイル画像

素材、質感、色、サイズなどさまざまな和紙から、それぞれの用途、技法にあった和紙...

木版のサムネイル画像

すべて手作業で彫られたKAMISMの版木の柄は多種多様。そこに染料や顔料をのせ...


シルクスクリーンのサムネイル画像

シルクスクリーンは、版画、印刷技法の一つで、日本の捺印型紙による「染め物」や、...

墨絵のサムネイル画像

KAMISMの墨絵は職人が1枚1枚、手書きで製作しています。 そのため全てが...

渋型のサムネイル画像

渋型は、日本に千有余年頃から伝承する技法で、手漉き和紙を柿渋で張り合わせた渋紙...


内照式和紙のサムネイル画像

「揉む」、「破る」、「貼る」、「折る」、「染める」、「重ねる」など、KAMIS...