伝統技法について / About WAGAMI

技 - ARTISAN

showroom.jpg

KAMISMでは、「伝統技法と創造的なデザインの融合」というコンセプトでオリジナル創作和紙づくりに取り組み、世の中のさまざまな変化をとらえながら和紙の奥深さ、日本の伝統技法のすばらしさを伝えていくことを理念にしています。

カミズムの和紙は、ベースとなる和紙作り、下地行程、染め、柄付けなど、職人の手加工によるさまざまな技法がほどこされることで、生み出されます。

現代の多様に変化する時代の中で、日本の伝統文化、和紙の自然素材のやさしさ、職人の手加工によるぬくもりが込められた和紙を手にしたひとのこころに、あたたかで豊かな安らぎを感じていただけるよう、一枚一枚心を込めたものづくりをしています。


伝統技法 - TECHNICAL TRADITION

showroom.jpg

素材そのものの良さを生かしたものづくりの国である日本には、世界に誇るべき日本独自の文化や伝統の技術があり、そこから生まれたモノのひとつに、和紙があります。和紙は日本で古くから親しまれている身近な素材であり、用途に応じて、形や大きさ、素材や凹凸感などを、何度も自在に変えることのできるフレキシブルな素材で、そこには日本独自の文化や空間概念が凝縮されています。
また、その主原料である楮は、約1年で成長する植物で、製造時も廃棄時も環境に負担を掛けない、環境に優しい素材です。
日本ならではの緻密な技、繊細な使い心地、時とともに変化し、時を経るごとに増す味わい深さは、四季の変化を愛でる、日本人の美意識と感性から生み出された日本の伝統文化です。

KAMISMでは、用途に応じて吟味した様々な和紙をベースに、職人が1枚1枚手作業で、新旧の技術と感性を織り交ぜながら、オリジナル創作和紙を生み出しています。見た目にも感触的にも優しくどこか懐かしいその表情からは、人の手の温もりが感じられ、理屈ではなく感覚的に「心地良い」と感じ、人の心に温かな印象を残します。


手加工 - HANDI WORKS

showroom.jpg

職人の手で何度も塗り重ねられた色合いは、手加工でしか表現することの出来ない微妙な濃淡や色ムラがあり、1枚1枚に異なる表情を持ちます。
また、光の当たり方や見る角度によって複雑な陰影ができ、時を経るほどに味わい深い空間を演出します。


その他の伝統技法について

箔のサムネイル画像

紙面に薄い膠液を引き、濡れているうちに箔を加工した砂子や切箔、野毛などを振り蒔...

墨流しのサムネイル画像

墨流しは日本古来の伝統芸術で、千年以上もの歴史を持ちます。その起源は、川の水面...

刷毛のサムネイル画像

素材感ある和紙をベースに、サイズや形状などさまざまな刷毛を用いて、柄を描きます。...


櫛引きのサムネイル画像

左官の技法である櫛引きは、漆喰に櫛を当て、かき取ることで模様をつける土壁装飾で...

染めのサムネイル画像

素材、質感、色、サイズなどさまざまな和紙から、それぞれの用途、技法にあった和紙...

木版のサムネイル画像

すべて手作業で彫られたKAMISMの版木の柄は多種多様。そこに染料や顔料をのせ...


シルクスクリーンのサムネイル画像

シルクスクリーンは、版画、印刷技法の一つで、日本の捺印型紙による「染め物」や、...

墨絵のサムネイル画像

KAMISMの墨絵は職人が1枚1枚、手書きで製作しています。 そのため全てが...

渋型のサムネイル画像

渋型は、日本に千有余年頃から伝承する技法で、手漉き和紙を柿渋で張り合わせた渋紙...


内照式和紙のサムネイル画像

「揉む」、「破る」、「貼る」、「折る」、「染める」、「重ねる」など、KAMIS...